カートを見る
SHOP MANAGER
Nautilus Records代表 辻 伸夫

Nautilus Records 代表
辻 伸夫(つじ のぶお)

一言メッセージ ぐるぐるなひびBLOG twitterでフォローしてください!
MAIL MAGAZINE

メールマガジンで最新情報や
お得な情報をお届け!

登録・解除はこちら
MOBILE ONLINE モバイルオンラインショッピングはコチラ
rss atom
ホーム CD Inst いちじくジャム

商品詳細

いちじくジャム
型番 NRL-01
定価 1,080円(税80円)
販売価格

1,080円(税80円)

購入数

クイック購入
※このCDはパッケージが薄いので「ざくろジャム」「いちじくジャム」2枚同時購入の場合でも配送方法でクロネコメール便が選択できます。

只今「ジャム蔵出し(5年もの)」がオマケ付き(20枚限定)

『いちじくジャム』/いちじくジャム
元「くじら」のキオトの提案により始まったライブシリーズ「音響ジャムセッション」。
どんなセッションだったかと言うと、「リハーサルなし、音による句会」のような自由なセッションであり、目指すは「白熱しないジャム」あるいは「参加者が演奏中ですら’聴き手’として楽しめるようなセッション」でした。

この脱力な企画に賛同したのは、「くじら」のヴォーカルの杉林恭雄、民族打楽器奏者の松島玉三郎、電子音楽界では有名な自作電子楽器の米本実、即興系パフォーマーの米本篤、などなど。

使う楽器も、参加者の本来のイメージを大いに破っていました。
「くじら」のヴォーカルの杉林は尺八を奏で、「くじら」では当初ベーシストだったキオトはパソコンを操り、民族打楽器奏者のはずの松島はターンテーブルを逆回転させたり、そこから生まれでた音は、いわゆるシリアスな即興音楽とは程遠く、環境音楽ともちがう、民族音楽ともちがう、まして電子音楽でもない、独特な『脱力音楽』として仕上がりました。

4回にわたって決行されたこのセッションは、9時間弱におよぶ膨大な録音を残し、捨てがたい名セッションが多く、今回「おもしろい部分だけ抜き出した記録盤を作ってみよう」という話になり、その編集された曲のうち、比較的かわいい感じのセッションを収録したのが『いちじくジャム』です。

○参加メンバーと使用楽器
●キオト (ex:くじら) 
i-Book、ヴォコーダシンセ、ウクレレ、ケーナ、サクソフォン、ピアノ、ハーモニカ、ハルモニウム、パーカッション

●米本実(米本電音研究所)
自作電気楽器、カシオトーン

●松島玉三郎 (くたじゃ)
パーカッション、ターンテーブル、CDJ、シンセドラム、バラフォン、ビリンバウ、大正琴、ヴォイス、油彩キャンバス、ぬいぐるみ

●杉林恭雄 (くじら)
尺八、ヴォイス、グロッケン
●米本篤 (ヴォイス団Kuu)
ディジェリドゥ、口琴、ホーメイ
●宮崎響子
バイオリン
●SUBWAY
ラップトップ

※即興曲につけられた、へんてこな曲名のかずかず!
1 ちょうつがい
2 三重露光 1
3 バナナ・ブレッドのプディング
4 あの娘は魔女
5 ガスキン、大いに怒る
6 ノミのサーカス ・・・・  などなど

 ¥1,050.-(消費税込み)
製造元  くたじゃ松島堂
松島弘  kutaja@parkcity.ne.jp
くたじゃ報 
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける