カートを見る
SHOP MANAGER
Nautilus Records代表 辻 伸夫

Nautilus Records 代表
辻 伸夫(つじ のぶお)

一言メッセージ ぐるぐるなひびBLOG twitterでフォローしてください!
MAIL MAGAZINE

メールマガジンで最新情報や
お得な情報をお届け!

登録・解除はこちら
MOBILE ONLINE モバイルオンラインショッピングはコチラ
rss atom
ホーム CD Inst まくわうりジャム

商品詳細

まくわうりジャム
型番 HAKO-01
定価 1,080円(税80円)
販売価格

1,000円(税74円)

購入数
ギフト包装

オプションの価格詳細はコチラ


クイック購入
『まくわうりジャム』/まくわうりジャム
   まさかの復活!!

ギフト包装OK

只今「ジャム蔵出し(5年もの)」がオマケ付き

『いちじくジャム』『ざくろジャム』という2枚の
CDを残し、3年ほど休止していた音響ジャムセッションは
まさかの復活を遂げてしまった!

『いちじく』『ざくろ』のジャム2枚を聴いたとある人が
「・・これは面白い。復活させるべきだ」と声をあげた。
その人は安部王子氏。かつてPSY・Sやバービーボーイズで
活躍、現在はR・O・M・Aにて数多くのライブをこなす魔人。

魔人の情熱と呼びかけで本当に復活した音響ジャムは
このたび『まくわうりジャム』の名前で、パワーアップした
メンバーで繰り広げられた。
王子氏のバービーボーイズ人脈から、ギタリストの
いまみちともたか氏が参加。そしてジャムの発起人のキオト氏
をはじめ、杉林、楠、と初期くじら3名全員が参加。
さらにジャムのオリジナルメンバーから、自作電子楽器の
米本実と、へんてこ打楽器の松島玉三郎も参加。
初参加組は、チェロと篠笛を弾き分ける星衛、そして
どんな曲調でもさらりとエレキピアノを弾く鶴丸光。
安部王子氏もベースで参戦。

この予想外のメンバーで果たしてどうなったか?

それはフランク・ザッパのメンバーのリハーサルの合間の
遊びのようにも聞こえるし、はたまた、作曲家がちゃんと
譜面を書いた曲のようにも聞こえる。
環境音にも聞こえるし、ジョン・ケージ直系の偶然音楽にも
聞こえる。つまり変幻自在。

いやいや、そんなことよりも、ポップス・フィールドで
活躍してきた、これらのメンバーの中には、こんなにも
さまざまなジャンルの音が眠っていたことに驚くべきだ。
そしてそれは、おのおのから程よく噴出し、決して絵の具が
混ざり合って真っ黒になったような音にはなっていない。

そう、聴くたびにちがう色彩を感じるかもしれないアルバム。
とにかく2007年の事件のセッションだったのだ。まちがいなく。
1.アマゾンの夜明け、ほどなくスコール
2.うりうりがうりうりにきてうりうれず
  うりうりかえるうりうりのこえ
3.風呂いっぱいのプリン
4.名前はまだない -壱-
5.名前はまだない -弐-

キオト:尺八, Bass
いまみちともたか:Electric Guitar
杉林恭雄:尺八, Voice, Guitar
楠均:Self-made box drum, Cans,
   Percussions
安部OHJI:Bass, Percussion
米本実:Self-made electronic
    instruments, Casiotone
星衛:Cello,Irish flute,篠笛,能管
鶴丸光:Electric piano
松島玉三郎:Percussions, Voice
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける